温泉+あつ湯 自家源泉と郷土料理を楽しむ 野沢温泉「村のホテル 住吉屋」記事アップしました

きりりと熱い温泉に身を沈め、くぅううう。と、うなる。自然湧出源泉がこんこんと湧く、信州野沢温泉へ思いをはせて。
ステイホームで温泉が恋しくなったら、住吉屋の自家源泉を宅配でお取り寄せ、ふんわり香る硫黄がたまりません。
詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

未来の宿泊費、いま払おう コロナ禍の宿泊施設支援 が朝日新聞に取り上げられました

種プロジェクトが朝日新聞に取り上げられました。
応援しています。
旅に出られるようになったら「温泉に行きたい」という気持ちが、宿泊費を先払いすることで、今すぐ、宿へ直接届く仕組みです。
朝日新聞デジタルはこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

温泉+オーガニック 無農薬野菜でつづる食のおとぎ話 須賀川温泉「おとぎの宿 米屋」記事アップしました

本日は、妄想とろんとろん温泉。オーガニックな宿「須賀川温泉 おとぎの宿米屋」。とろとろの温泉をひとり占めしてイップ・コフォード・ラーセンの椅子に腰かけてぼーっとしたい。
毎日毎日危機感をもって家に籠っていると、とにかく体に優しくて美味しいものが食べたくなります。心や体が癒しを求めているのかもしれません。
そんなわたしの日々の楽しみは、旅に出られるようになったら、この温泉に入ってこんなものを食べて、こんなことをしようと、計画を練ること。
全館・全室が自家源泉かけ流し。安心・安全・美味しいにこだわった自然派おとぎ会席は、お皿の上でつづられる「食のおとぎ話」。季節ごとに料理もお話しも一新します。
詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

岩手県二戸市で出会った、地に足を着けた人の強く美しい姿。観光地巡りじゃない、人と土地を深く知る旅の秘訣とは?

楽しかった二戸の旅。今年の2月初めに雪の中を旅しました。
石井は旅のアテンダーとしてみなさんと二戸を巡り、温泉と食談義をして盛り上がりました。
ご一緒した西村祐子さんが書いたgreenz.jpの記事です。わたしも少し登場しています。
二戸のみなさんは、どうしているかしら。暮らしに触れる、人と出会う、あったかい日本の旅。また行きたいです。
記事はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

2018年10月に発売の著書「感動の温泉宿100」(文藝春秋新書)が、地道に長く売れ続けています

新書版の本もですが、電子書籍版で購入し、読んでくださっている方もとても多いことを知りました。なんと、ありがたく、幸せなことか。パソコンにかじりついて、指の指紋が消えるほど文字を打ち続けた日々を思い出します。ホント、頭から湯けむりでした。
著者冥利につきます。本当にウレシイ。旅を続けて書くことに全身全霊をかけてきました。旅に出られず家で過ごし、歯がゆく悶々とした日々を過ごしていましたが、天から眩い光が差してきた思いです。手にとってお読みいただいているひとりひとりの皆さまに感謝。この本が、少しでも心を癒し、皆さまそれぞれの温泉旅のお役に立てますように。
著書の巻末にデータをまとめてあります。調べた結果わかったことなのですが、100軒中86軒の宿がひとり宿泊も受けています。
詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

「種プロジェクト」に応援メッセージ

丹羽さんの呼びかけにより「種プロジェクト」に応援メッセージを書きました。
外へ出られない、旅に行けない、人と会えない。このような日々の中で、あらためて気づかされたのは「この温泉にわたしは行くのだ」と、今、約束することが、実は自分自身の心の支えになるということ。
旅に出られるようになったら、必ず行く!のリストを増やして心を温めます。
詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |

温泉+春らんまん 風土を感じ、季節を楽しむ 長門湯本温泉「別邸音信(おとずれ)」記事アップしました

春らんまんの長門湯本温泉。風土を感じ、季節を味わい、ゆっくりと流れる旅時間を楽しむ。温泉のぬくもりに癒されて、土地の滋味に出会うひとり温泉です。再建された共同浴場「恩湯」にも立ち寄り湯。
詳細はこちら

Posted in メディア活動バックナンバー |