2018年10月に発売の著書「感動の温泉宿100」(文藝春秋新書)が、地道に長く売れ続けています

新書版の本もですが、電子書籍版で購入し、読んでくださっている方もとても多いことを知りました。なんと、ありがたく、幸せなことか。パソコンにかじりついて、指の指紋が消えるほど文字を打ち続けた日々を思い出します。ホント、頭から湯けむりでした。
著者冥利につきます。本当にウレシイ。旅を続けて書くことに全身全霊をかけてきました。旅に出られず家で過ごし、歯がゆく悶々とした日々を過ごしていましたが、天から眩い光が差してきた思いです。手にとってお読みいただいているひとりひとりの皆さまに感謝。この本が、少しでも心を癒し、皆さまそれぞれの温泉旅のお役に立てますように。
著書の巻末にデータをまとめてあります。調べた結果わかったことなのですが、100軒中86軒の宿がひとり宿泊も受けています。
詳細はこちら

This entry was posted in メディア活動, メディア活動バックナンバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.