東洋大学 国際観光学部で、本年度から新設された「温泉総論」で特別講義をしました

テーマは温泉を活用したビューティーツーリズム。温泉ビューティの基礎、国内外の温泉事例を交えて、日本ならではのウェルネスを推進すること、なんといっても旅は楽しくないと意味がないということなどなど、190人もの学生がぎっしりの教室でお話しました。
内田 彩 (Aya Uchida)先生とは、立教大学と経産省の温泉観光地経営専門家育成プログラムで同窓以来のながいお付き合い。いつも会うと熱く語り合ってしまうのです。今日も研究室で事前打ち合わせ→講義→興奮さめやらず研究室に戻って、さらに日本の温泉の今とミライについて熱く語り合ってしまいました。温泉ですから、熱くてもいいですよね。内田先生にも、学生のみなさんにも元気をもらいました。ありがとうございます。

This entry was posted in メディア活動バックナンバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.